発毛手段は多種多様~東京美容外科で髪をもう一度~

男性

男性型脱毛症の原因と治療

育毛

抜け毛のしくみ

髪の毛はたんぱく質が主成分となってできたもので、20種類以上のアミノ酸で構成されています。髪の毛の根元には毛母細胞という細胞があり、毛母細胞が細胞分裂を起こすことで髪の毛が成長します。この毛母細胞に十分な栄養が届かないと髪の毛が育たなくなり、最終的に抜け落ちていきます。男性型脱毛症は、ジヒドロテストステロンという脱毛因子が毛母細胞にダメージをあたえることが原因となって起こります。ジヒドロテストステロンは男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼが結びつくことで発症します。発毛クリニックなどの医療機関でaga治療をすることで、ジヒドロテストステロンの元となる男性ホルモンを抑制し、根本から脱毛症を克服できます。

一般病院での治療

男性型脱毛症は発毛や育毛を専門としている医療機関や、aga治療をしている一般病院美容皮膚科などで相談できます。aga治療は基本的にプロペシアを使用しての内服薬治療がメインとなります。さらに一人ひとりの症状に合わせて、医療用の頭皮ケアシャンプーや育毛剤、サプリメントなどを処方して、オーダーメイドで治療をしてくれるクリニックもあります。費用を抑えてaga治療をしたいなら、一般病院がおすすめです。一般病院では専門の医療機関のようにオーダーメイドの治療はしていませんが、その分安いので続けやすいというメリットがあります。また、専門病院はある地域が限られますが、一般病院は地方に行っても沢山あり、身近にあるので通院しやすいのも魅力です。

Copyright© 2015 発毛手段は多種多様~東京美容外科で髪をもう一度~All Rights Reserved.